--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.03

当たり前

当たり前を身近に感じすぎて
結局は なんも出来ない人間が
多すぎて 絶望する


何一つ満足に出来ない人間が
その願いを叶えてくれないからっていって
怒ったり、
ホントに勝手。


自分の思うようにいかないならば
ふてくされて
じゃ、何が望みなの?って言えば
もぅいいです。
あなたじゃ無理よ。

なんて言ったり
結局矛盾してたりしてる。

人ってなんか元々さみしいんだと思うょ。
構ってほしいんだって。


でもさ
1つその前に思う事

人に対して文句言えるのは
その文句を聞いてくれる人がいるでしょ?
別に1人で言ってるかもしれないけど
その言える口があるし
その文句をどんな言葉て言えるかっていう
語彙力があるじゃん。


例えば
私は音楽部に所属してるじゃん。
だから、音楽室で歌ったりするけど
唄えるのって

聞いてくれる人がいる
唄える場所がある
唄える曲がある
唄える口がある
唄える。。。。。


そういう小さいものの重なりで成り立ってると思う
だから、そういうのを
大切にしたい。

1つをおろそかにしたらなんていうか
それは、音楽として成り立たないような気がするんですよね


って、音楽だけじゃなくて
生活でもそう。
元をたどれば なんか
自分ですっごいピラミッドの頂上で何事もないように
生活してるんだって思う。


私が想像出来ない
海の向こうの国々では
おびえてる人がいたり、満足に食事できなかったり
ホント、PCって何?って思ったりする人がいたりと
私は、当たり前にひたりすぎな気がする。

それでも、幸せじゃなくて
不幸せと思う自分を
羨ましく思う人がいるから
なんか申し訳無い。

したくても出来ない人がいるのを
なんらくこなす自分を
憧れてる人がいるならば
私は 大切に生きるべきだと思うょ


ホントそれが大切だょ。生きる事で
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kiri0125music.blog16.fc2.com/tb.php/59-f1582d51
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。