--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.14

明日も、生きていこう

私が最近思うこと

こうやって生きていることって
ものすごい奇跡というか。

まぁ、奇跡っていうような言葉で
まとめたくはないのだけれど。

志村さんが亡くなった辺りから
ずっと私の中で
生と死っていうのがかけめぐってて。

私たちってこうやって生きているけれど、
死っていうのも、ものすごい近くにあるってことを
思い知らされたというか。

特に、東日本大震災の時も。

私がこうやって生きていても
明日はどうなるか分からないし。

明日に向かって希望を投げてても
それが無情にも止まることがあって。
断ち切れてしまう。

それほど私たちは何の保証もない明日に
希望を投げてたりするけど、
それの積み重ねで”当たり前”になってきて

何も思わなくなっちゃうんだよね。

あ、明日やればいいって
明日に課題を残したって
それを消化できる保証なんてないのに。

今日1日やり遂げることやり遂げないとダメなんだよね。

それが”いつか”になってしまう前に。

いつかやればいいってなれば、
きっとやらないの。人間って。

いつか伝えればいいか。
って思うと、そのタイミング逃して
自分が居なくなったり、相手が居なくなったり。

伝えたら無情な結末を迎えることもあるだろうけれど、
伝えなかったら、結末は想像した通り。

人間ってね
居なくなったら どんどん伝えたかった言葉があふれてくるんです

”ありがとう”も”ごめんなさい”も

なんで今さらって思うのに、無情にも出て
伝えられなかったことに後悔する時があるんです。

大切って思っているなら、
ちゃんと伝えないと。

自分が生きていることって本当にすごいことなんだよね

両親がであって、私が生まれて

両親を産んだ祖父や祖母がいて。



私、おじいちゃんが大好きで

おじいちゃんが戦争で生き抜いてくれたからこそ

おばあちゃんがおじいちゃんの帰りを信じて待っててくれたからこそ、

こうやって出会って、結婚して。

私の生まれたことだけじゃなくても。

この日本も沢山の若い人が命をかけて守ってくれたからこそ
今があって。

なんというか
こう大きい天災があった時日本は改めて 絆とか
人との出会いを大切にしているけれど

ホントは、日々毎日そういうことを感謝しなきゃいけないのに。

何かを失って初めて気付くということばかりで
本当に残念というか。
なんで、もっと早く気付けないのかなって思うんですよね。

まぁ、そういうことを思っている自分も
全然ちゃんと生きれてないのだけれど

もっともっと生きられるのならば、ちゃんともっと
一生懸命生きていたい。

自分がやりたいこと、伝えたいこと
それをしなければ、人は生きたとは言えないよね。


例え恐ろしい結末を迎えたとしても
伝えたところで、厄介なことに巻き込まれても

伝えなきゃ。やらなきゃ。

明日も生きてるって無意識に思ってた人たちが
明日に投げた希望は、今空中にただよってて

私は、その希望が近くにあっても
目を背いている。

その希望をちゃんと腕につかまないと

私もつかまないまま、通り抜けちゃう。

明日も生きなければ。

今を感謝しよう。

明日、私が居なくなっても
この世界は変わらないし、時間も止まらない

でも、みんなの心には残って
時々思い出してくれるんだろうな。

そんな私がちゃんと生きてたっていう証が
作れるように

一生懸命生きていかなければ。

今も命は燃えているのだから。

私も全くもって良いん人生だったと思えるような時を迎えられたらな。

死は近くにあるけれど、
恐怖や不安を与えるんじゃなくて

生きる希望を与えていると私はそう思う。

なんか死って怖いけど、そうじゃなくて

死があるって分かってるからこそ、

ちゃんと生きていかなきゃならないって
教えてくれてる気がする。


だから、生きよう。
スポンサーサイト
Posted at 05:34 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。