--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.25

おじいちゃん

21日0時17分


おじいちゃんは、亡くなりました。



私は、おじいちゃんが大好きで
正直今もホントに死んでしまったの?って思ってしまいます。


おじいちゃんは、私が中学2年生の頃に
脳梗塞で倒れて
左半身不随になってしまいました。
車椅子生活を余儀なくされて
家もそのために改築したり、
両親も介護の為に講習をうけたりしました。
おじいちゃんもリハビリをがんばったり
デイサービスに通っていました。


おじいちゃんが肺炎になって入院して
病院から急変したっていう連絡を受けて
病院に向かったのですが、
おじいちゃんは、どこが悪いんだ?って思う程
意識もあるし、顔色もいいし
なんだ、良かった。って思って、
安心してました。

でも、その次の日
おじいちゃんは、亡くなりました。


急変した連絡を受けて、病院に着いてすぐ
「おじいちゃん、分かる? きりだょ!!」
っていったら
おじいちゃんは、ニコって笑ってました。
ホント最後の最後まで笑ってくれたのに
なんで死んでしまったのか分かりません。


確かに息があがっていて
苦しいと言えない位苦痛だったようで
手をギュってにぎるほど
おじいちゃんは、力があって
たとえて言えば
お産で苦しんでる人みたいな感じでした。

そんな中でも祖父は、笑ったりしてくれるのが
ホント嬉しかった。
でも、優しいことが1番の祖父だから
それがとてつもなく胸が痛かった。


おじいちゃんには、孫が12人いるんですが
その孫の中で
私は、一番触れ合う機会が多い孫で
告別式も代表でお別れの言葉を述べました。


でも、正直いって
私にそんな資格なかったと思ってます。


私は、祖父が倒れた日
異変に気付いていました。

なんでかっていうと、
夜中いつもトイレに行くおじいちゃんが
その日決まってこなかったのです。
トイレに行く前行く後、
私の部屋に行って
「おい、きり。早く寝ろよ!」っといって
注意してくれたおじいちゃんが
その日来ませんでした。
それがただ単に珍しいで片付けて
様子を見に行くことをしませんでした。

あの時、私が様子を見に行けば
おじいちゃんに麻痺は残らなかったのかも。
って何度も自分を責めました。


おじいちゃんが亡くなった時
やっぱり最後の最後まで自分が原因と
思ってしまいました。
きっとそんなことは、ないのかもしれないけれど
おじいちゃんの麻痺を残したのは、
正直今も私のせいだと思っています。

おじいちゃんは、倒れた時
[きり、きり]と叫んだそうです。
でも、私は一切気付きませんでした。
あの時気付いてあげれば。。。


その日の朝
起きてこないおじいちゃんを不思議に思った
お母さんが発見しました。
そのままおじいちゃんは、入院して
その時意識が朦朧としてたそうなんですが
その時もおじいちゃんは
「きり、きり」と呼んでたそうです。


それからおじいちゃんを介護することになって
家で一緒にまた暮らし始めた時
正直それがひっかかって
おじいちゃんに謝れませんでした。


それをどこかで謝りたかったけど、
それを謝ったら なんていうか
認めてしまって 余計に自分が苦しかったっていうか

結局は、自分を優先させてしまったという感じです。

お別れの日
親戚の人たちにも孫たち、もちろんおじいちゃんの息子たちにも
知ってもらいたかったので
私は、正直にすべて
あの日のことを別れの言葉として
謝りました。
おじいちゃんがなくなって
謝るなんて ホント卑怯なことしか出来なかったけど
なんていうか
すっきりしました。
ずっと罪悪感を背負って行くのかと思ってしまったけど

でも、おじいちゃんが許してくれた気がしました。

おじいちゃんは、介護してもらってるのに
いばったりしなくて
逆に
「ありがとう、ありがとう」「はい、すいません」といって
必ずお礼を言いました。
介護する側される側で互いに微笑みあう介護生活でした。


おじいちゃんがまだどこかで
「おーい、おーい」と呼んでる気がして
私も無意識におじいちゃんの部屋に行きそうです。

それほど今おじいちゃんの死を受け入れられなくて
一人ずっと泣いていました。

でも、別れの言葉を言う事が決まったとき
こんなくよくよしてたら
おじいちゃんも天国に行けない!と思って
そこから 気持ちがホントガラって変わりました。

おじいちゃんの血を引く孫として
おじいちゃんが教えてくれた

命の大切さや人に対してのやさしさ

絶対無駄にしちゃだめだ!

ありがとうを言うのは、こっちだっていうことを
改めて実感させられました。


おじいちゃん、天国でずっと見守ってて。

本当にありがとう。
そして、お疲れ様。




スポンサーサイト
Posted at 00:25 | 日常 | COM(1) | TB(0) |
2006.06.18

透明な感情

昔、小学生の頃

「私は私なんだ」っていうことを
知った時
ものすごーい怖くなった事がある。


まぁ、恐いというか
なんていうか おなかが痛くなるほど
知ってはいけない事実を知った感じだった。

今思えば自己に気付いたってことで
アイデンティティの確立ってやつだったと思うんだけど
それがなぜか
恐くてしょうがなかった。


なんか、今まで自分は
宇宙の中の地球の日本の山梨のとある人であるだけで
なんていうか
特別だと思ってなかったし
簡単に言えば 部品みたいな感じだった。

だから、それが
私は、私よ!なんて思ったときに
とてつもなく恐かった。

簡単に言えば
劇をします!とだけ言われて
ずっと脇役だと思って練習してたら
じつは、主役だったみたいな。


なんていうか
自分はからっぽの人間だと思ってて
そのからっぽの自分が内面の自分の存在を知った事が
なんか恐かったんですよね。


その当時
自分は、遠いとこに行った時とか
「ココの人と離れたくない」とか「早くうちに帰りたい」とか
矛盾したことを考えてた。
なんていうか
違うところに行くのがとてつもなく恐かった。
家が好き!ってわけじゃなくて
誰も私を知らないから、なんていうか一人だな。って思ったりした。

通り過ぎる人は、私のこと知らないんだけど
私は、「この人も家で楽しくしてるんだなぁ。。。」って考えると
なんか寂しくなったり


なんていうか
人ってどんなんなんだろう?って思った。


こういう時の感情ほど言葉で表す事は、難しいね


とてつもなく
変な感情で涙が流れたりしたりするけど
悲しいという感情でもなくて
恐いという感情でもなくて
その半々かといえば
それまた微妙な感情で。


透明だな。これは
Posted at 16:37 | 日常 | COM(1) | TB(0) |
2006.06.17

音楽論

なんか最近やばいょ!

って何が?って思うけどw

やっぱ 自分は考えががっちりしてると思うよ
音楽に関しては。

だから そういうのとかを人に押し付けてしまったり
その人が気に入らなかったりしてしまうんだょね
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
ごめんょ。。。


なんていうか
もう中途半端は嫌なんだょ 音楽で。


完ぺき主義っていうと なんか
ラインが決まってるみたいで嫌なんだけど
未完成主義みたいな?

最高の未完成みたいな感じを常に追い求める
そんな感じっすね。


まぁ
最高の未完成って言葉は 大会のスローガンだったんですけどw


自分の喉とか気を使ったり(加湿器とかマスク)
大会の日とか移動の時寝ないでいたりとか
(声が出せなくなるから)
2時間前くらいに起きて喉を起こすとか

んなことやっても
ダメなときはあるけど
極限頑張ってるわけょ。
ってか こういうことなんて
当たり前なんだけどねw


人に対して何か感じさせる歌を歌うなんて
当たり前。

誰が唄っても同じならば私が歌う必要ないし

自分だけの歌を歌うこと

それだけだと思うょ。

それだけの為に自分がこなす事は
当たり前だと思う。

ってか自分だけの歌っていうのも
当たり前だけどね。



当たり前の積み重ねで
何も感じなくなってしまう時もあるけれど
ただ単に唄ってちゃだめでしょ。
魂からっていうか
自分がホントこの一曲歌った後倒れちゃうんじゃないか?
って思う程やらなきゃ
多分無理だと思う。

いくらなんでも
音楽の道進むぜ!!なんてかっこいいこと言ったって
そんな人星の数ほどいるわけで

そういう人の中に自分がいたら
きっと 
自分より考えが甘い人に攻撃するんだろうなぁ。。。って思う

考えが固い人には、反発っていうか
認めたり それは、ないでしょ!っていって批判したり。

なんていうか
音楽を冒涜してるっていうと
なんか宗教みたいなんだけど(笑)

そんな簡単な意志で来てるならば
いっそのこと辞めればいいと思うんだよ
そんな意志よりももっと強い人、うまい人はいる
その人たちに夢を託せばいい。


ただ単に唄いたい、誰かに感動を与えたいだけで
音楽の道進むならば
きっとちょっとのことでつまづいてしまう。

それって
音楽だけじゃなくて 普通の人生でもそう。


自分が何をするべきか分からないから
自分探しをしたって
それは、探してなんかない
ただ逃げてるだけ。
探してるっていうことは、それを欲してるんでしょ?
でも、その欲してるものが分からない。
適当に過ごして
こんなの違うとか言ったりして
結局欲してるものが見つからなかったり、
自分のしたい事が分からないなんか言い出したり


自分のことは 自分しか知らない



仕事は、楽な物がいい
お金がたくさん欲しい
そんなものばかり探しても
世の中そんなに甘くない

なぜ 歩き出さないのか
謎でしょうがない。


自分の事を探すなら
いっそのこと 世の中に目をむけてみなっつぅの。

Posted at 21:52 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.17

自己中

今国語の授業で
身体の個別性だっけ?
なんかそういう評論をやってるんですが
(まぁ、昨日で終わったんですけどw)

すっごい自分の考えと似てて
面白かったですねぇ


文系教化苦手なのに思いっきり文系クラスにいるという
矛盾を吹き飛ばすかのように
この評論は、ものすごい意味わかりました(笑)


とりあえず、
話をひとことでいえば


みんな 自己中心的な人間ってこと


確かになぁ。。。って思った。
ってかねぇ

自分を2番目って考えてる人でも
もう本源的に自己中心なんだってさ。

そりゃそうだと思うょ。
例えばなんか泣いてる人とかに 心配だから
声かけるとするでしょ?

だけど、
それは相手の立場に立ってるとみせかけてるだけじゃん。
なんていうんだろ??

必ずしも相手は声かけて欲しいなんて思ってないかもしれないし
むしろ、話し掛けるなよ!なんて
思ってるかもしれない。


だけど、そんなん御構い無しに話しかけるから
相手からは、余計なお世話だ!なんて思われたりする。



あぁ、やっぱダメだね
話は、わかっても説明できない(爆)

まぁ
自己中心的でも構わないと思うょ。

ってかそうじゃなきゃ
ダメだと思う。

あ、でも
すっごい自己中でいいってわけじゃないけど。。。


なんか
もっとみんな自分のことを考えてほしいって感じかな。


例えば
友達が彼氏のことで相談してきたとしましょう。
でもさ
それって相談されてる自分ってまったく関係ないじゃん。
まぁ、仮にその彼氏と友達だったとしてもさ

一秒一瞬ずっとそのカップルと私は、一緒に
いたわけじゃないんだから
相談したってきっと良い答えなんていえないでしょ。


ただ単に後押しして欲しいだけだと思うんだょね


その人に関してのことは、第三者が口を出していけないと思う。

これは、自分だけの問題であるょ。

相談することは、ダメ!ってわけじゃなくて
なんていうか
なんでもかんでも相談して
結局は、自分で決めるんだから。

そんでさ
決めてそれが悪い方向に言ったら

「あなたの言う通りにしたのに。。」なんていうんだょ。

責任転嫁されたって困るわけっしょ?


相談するのも自由だけれど
その相談の時に出されたアドバイスを
鵜呑みにするかしないかは、
それも自由。

拒否する事は、可能なんだから。


すべてを受け入れてたりするから 周りの人を傷つけてるかもしれないね







Posted at 21:30 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.09

言っちゃった

つぃに三者懇談で
「ずっと仕事をしていくならば
音楽に携わる仕事がしたいです!」って


しかもね
専門学校でもなんでも
私がしたいようにしたい!といいました。

(※私のクラスは、国公立文系の大学を目指す
クラスです)

まぁ、先生も
ちょっと(゚Д゚)ハァ? って感じだったけど
最終的に認めてくれたっていうか
私の事だから、私自身で決めろ!って感じで
意外と話がすんなりといきました。

お母さんが来てたんだけど、
お母さんは良いっていってたのね

でも、問題はお父さんよ。
お父さんは、短大、専門学校をよく思ってなくて
(通ってるみなさん、(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン)

だから、正直それがあったから
いえない部分がありまして。


私が学びたいものは、大学でないんですよね。
(探し不足かもしれないけど)
で、
専門学校にはあるんですよ。


とりあえず、大学も捨てがたいっていう意思があって
両方受ける可能性大です。



三者懇談が終わって二日経ったけど
一切親と話し合いしてませんw
いやぁ。。。
そういうと微妙に恐いんだょねw


ついつい黙って今まで来ちゃったからさ。


でも、なんか言ったら
かなりすっきりしたなぁ。。。
けど
なんか心がぽっかりした(爆)


そんで、ちょっと恥ずかしくなった。


とりあえず、まだ大学ははっきりしてないけど
芸術系、心理系、考古学系、倫理系と
行きたいとこだらけなので

1番は、専門っていうか芸術(音楽)だけどね。



あぁ。。。。
むずい。
人生の分岐点に立ってるようだょw



志村さんもきっとこうだったんだろうなぁ。。。

Posted at 22:37 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.05

もうすぐ学園祭で
私は、3年だからものすごい色々考えてるんだけど
なんかねぇ。。。

そういう集団行動で何かを考えるっていうのが大嫌いなのさ。
いや、嫌いっていうより
何かとめんどうだから 嫌ですね。

人付き合いが嫌!ってわけじゃなくて
なにかとさ、そういうのって
もめるでしょ?
そのもめるのが嫌なんだょ。


私のクラスは、女子が圧倒的に多いから
男子ってなんかひっそりといるのね。

女子が多いからさ
なんかこってりしてるんだょ。
そういう風に争うと。


大体、こういう学園祭を決めてるのは
リーダー格がいるグループで決めてるのね。
別に、学園祭でやりたいこともないから
私は特に意見も言わないんだけど
(さすがに嫌だったら言うけどw)

なんていうか、
こっちも真剣に聞いてなるほどなぁ。。。とか
思って 
その意見でいいから 何も言わないのに

「みんなの学園祭なんだから、みんなで考えようよ!!」
「なんかさぁ、うちらだけで考えてるじゃん。」
「はぁ?全然意見でないじゃん。もうだめだょ こんなの」

とか。
言いたい放題です。

よく放課後残ってください。とか言われるから
残ってるのに
なんかめちゃくちゃ文句っぽいこというんだょね

意見でないからってイライラしててさ
「これ決めなきゃ帰れないんだから 誰かでてよ」
みたいなことを言ったり
態度を見せたり
「もう無意味じゃねぇ?
絶対今日ここに来てない子の方が意見言うって」
とか、
残しておいてるのは そっちなのに
おもいっきり 私たちが使えない発言をするから

うざい。


どぅせ、リーダーの力だけで
生きてるんだから
周りにいる一緒にギャーギャーいうやつは
黙ってて欲しいょ。
それに、リーダーなんて
所詮人がいるから成り立つだけで
一人でなんも出来ないだけでしょ。

寂しさだけで
人に頼るなつぅの。


人の力を利用しなきゃ
生きてけないなんて
つまんないね

って、
最近何かとブラックな一面を見せてるきりです(笑)


なんかねぇ
むかつくことが多々あるんだょ
私のクラス。

一人病弱な子が居るんだけど(Aさん)
その子は、ストレスとかプレッシャーに弱いから
席を一番後ろの隅の方にして
なんていうか
私たちも構わないようにしてたのね
(ちょっかいだすみたいなことをしないで、そっとしておいたってこと)

やっぱり、
マスクしてたり よく休んでたりするから
なにかと心配だったんだけど

なんかねぇ
不思議だょ。

体育やってんの。
しかもマスク着用で。

アリエナイ(・д・)ノ アリエナイヾ(・д・)


バスケをやってたんだけど、
毎回試合に出るし
試合途中でマスク外したりと
どこが病気なの?って思ったりしてさ。


だから、一部の女子からやっぱり
嘘なんじゃないか?とか言われて
結局その子を私たちが過保護にしすぎたってことで
席も普通のとこになったんだけど

なんかねぇ
確かにAさんは 何なのかと思うょ。
私が気付かずにそのAさんのロッカーの前に立ってたらしくて
Aさんが
「ちょっと邪魔」
とか、すっげぇぶっきらぼうにいわれたからね。
(゚Д゚)ハァ?
とか思ったけど
ごめん!!って言ってどいてあげたけどね。


病気とかに甘えんな!って感じだょ。
私なんか捻挫してても
できることは、全部自分でやってたもん(笑)


早くクラスがいいようになってほしいけど
それは、遠い夢のようです(笑)



リーダー格の人も
ホントは悪い人じゃないんだけどね
ただ口が悪すぎるだけ(笑)
Posted at 22:13 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.03

当たり前

当たり前を身近に感じすぎて
結局は なんも出来ない人間が
多すぎて 絶望する


何一つ満足に出来ない人間が
その願いを叶えてくれないからっていって
怒ったり、
ホントに勝手。


自分の思うようにいかないならば
ふてくされて
じゃ、何が望みなの?って言えば
もぅいいです。
あなたじゃ無理よ。

なんて言ったり
結局矛盾してたりしてる。

人ってなんか元々さみしいんだと思うょ。
構ってほしいんだって。


でもさ
1つその前に思う事

人に対して文句言えるのは
その文句を聞いてくれる人がいるでしょ?
別に1人で言ってるかもしれないけど
その言える口があるし
その文句をどんな言葉て言えるかっていう
語彙力があるじゃん。


例えば
私は音楽部に所属してるじゃん。
だから、音楽室で歌ったりするけど
唄えるのって

聞いてくれる人がいる
唄える場所がある
唄える曲がある
唄える口がある
唄える。。。。。


そういう小さいものの重なりで成り立ってると思う
だから、そういうのを
大切にしたい。

1つをおろそかにしたらなんていうか
それは、音楽として成り立たないような気がするんですよね


って、音楽だけじゃなくて
生活でもそう。
元をたどれば なんか
自分ですっごいピラミッドの頂上で何事もないように
生活してるんだって思う。


私が想像出来ない
海の向こうの国々では
おびえてる人がいたり、満足に食事できなかったり
ホント、PCって何?って思ったりする人がいたりと
私は、当たり前にひたりすぎな気がする。

それでも、幸せじゃなくて
不幸せと思う自分を
羨ましく思う人がいるから
なんか申し訳無い。

したくても出来ない人がいるのを
なんらくこなす自分を
憧れてる人がいるならば
私は 大切に生きるべきだと思うょ


ホントそれが大切だょ。生きる事で
Posted at 22:15 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.03

ものさし嫌だし


ちょっとリズムよくしてみた(笑)


なんか最近
ものすごーく自己嫌悪になったり
人間自体いやになったり


なんなんだろぅか。。。


私のクラスで仲良い子がいるんですが、
まぁSさんとしましょう。

その子に対して
最近イライラがつのる


なんかSが今日お弁当ホントは持ってこなきゃ
ならないのに
持ってこなかったのね。
ってか買う時間もないから
先生がちゃんともってこいよ!って言ってたのさ。
で、私が
「ちゃんと持ってきなって、先生言ってたじゃん(笑)」
って言ったら

「えぇ!?でも買う時間あるでしょ?」

「いやいや、あっても食べる時間がないっしょ」

「まぁ、いいんだょ。じゃ!!」

「えぇ!? じゃ、先食べちゃうからね!!」

という会話をしてました(笑)

なんていうか
Sはですね

天然、そして話を聞かない。


だから、よく先生に話を聞かないから
色々と聞いてくるんですよ。
↑の会話は、まだいいんだけど
なんていうか

例えば
重要なことをSに3日前に話したとしましょう。
今日とかに聞いてみると絶対そんな話してないよ!!って言って
くるんですよね(笑)

しかもね
メールが必ず深夜。
1時とか2時。

唐突に
「明日の授業何?」

だけ。

寝起きがひどい私にとっては、
もうイライラですよ(笑)

まぁ、それは彼女に
深夜にメールは送らないで!!って遠まわしに言ったから
もう今はないんだけど

なんていうかねぇ
彼女は、自分自身の責任っていうのが
よく分かってない。


ってか これは、
彼女だけじゃなくて
私の周りの人がそう。


ちょっと考えれば 分かる事
人に行動する前に聞くなみたいな。

もっといえば
責任転嫁をするな!


そして、またSの話。
それでSは、お昼を買って戻ってきて
一緒に食べてたのね。
そしたら、Sは サンドウィッチを買ってて
その中にシーチキンサンドがあったのさ。
Sは、それが嫌いなのね。

だから、それを残してたのさ

S 「シーチキン嫌だから、食べない?」

き 「あぁ。。ごめん、おなかいっぱいだから。
   ってかシーチキン嫌いなのに
   なんで買ったの?」

S 「えっ!?安かったから」

き 「いやいや、安いからっていっても 
  嫌いなもんがあるの気付いてたんでしょ?」

S 「うん、知ってたょ。だけど、安かったから」



その後Sは、そのサンドウィッチを捨てようとしました。
誰かにあげようかなんて考えてなかったみたいです。

仕方がないので、アシストして
食べてくれそうな子を見つけました。

で、Sに私が

き 「安かったからって言っても捨てちゃったら
  損じゃん。誰かにあげて正解だょ
  それに、Sの責任だよ?
  嫌いなものがあっても安いだけで買ったんだから」

そしたら、
ぶっきらぼうに
S 「そうだね」


だってさ。

なんで こんなことを高3の人に言わなきゃならないんだろ?

高3ってもう充分な大人でしょ。
まぁ、色々な人からみれば 子供!っていうかもしれないけれど
実際来年には、独り暮らしをしてるかもしれないのないのに。


Sは、大学へ進学することが希望なんだけど
その理由が
「山梨を出たいから」

その理由も仕方ないと思う。
山梨は、田舎だし 魅力的じゃないかもしれない。

なんかその理由を聞いた時めちゃくちゃ殴り倒しそうだった。

親がお金を出すのに、
山梨を出たいからっていう理由だけで
無意味にお金を出しつづけるだけでしょ?

出たいなら自分でお金を貯めて、勝手に出て行けばいい。

甘えきったことを言われて
そうとうキレた。


でも、それをおさえつつ
「親に感謝しなって(笑) そんな理由じゃ、お金だして
もらえないよ!」
ってかろうじで言えた(笑)


あ、なんかSの悪口をつらつら書いてるみたいだね。
S自体嫌いじゃないけど、最近Sの行動がいらつくって
ことです。


じゃ、ここからSじゃないこと(笑)


なんかね
思うんだよ。

Sが簡単に食べ物を捨てる行為とか見て
人間の住む環境が違うとこんなに人間は、違うのかな?って

私が正しい人間の基準として
Sを見てるんじゃないんだけど

なんていうか
なんでみんなこんなに甘え考えなんだろ?って思ってしまうときがある。

人から見れば 私は、
子供みたいに思うかもしれないけれど

私が小さい頃見てた
お姉ちゃんやお兄ちゃんたちと違う。
子供の頃 お姉ちゃん、お兄ちゃんがものすごい
大人に見えて憧れてた。
だけど、その小さい頃の自分が
今の自分を見たら
きっと、まだまだ子供だな。って思うんだろうなぁ。。。って
思う。


時々
人間は、当たり前に思いすぎることがあると思う


当たり前が壊れただけで
怒りをあらわにしたりと
ホント勝手な動物だと思う


いや、人間ってひとくくりしちゃまずいね

食べ物を食べれない人もいっぱいいるし、
お金持ち、貧乏たくさんいる
ただ当たり前が無関心にすぎてる人間が嫌だ。


そして、
それを嫌だっていってる自分も
なんか嫌だ。
自分=正しいと掲げてるみたいで。



とてつもなく
嫌だ。

 
Posted at 22:05 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。